アトラプジ


ミニファミリーコンピュータ

任天堂、中国国内で「Nintendo Switch」を12月10日から発売すると発表!

任天堂は12月4日、中国国内で「Nintendo Switch」を10日に発売すると発表した。同社が代理店契約を結んでいる中国Tencent Holdingsが販売する。実売予想価格は2099元(約3万2000円)。 中国市場ではゲーム機の販売が規制されているが、既にXbox Oneやプレイステーション 4の販売は許可されている。 Switchを巡っては2019年春ごろ、Tencentが広東省当局に販売許可を申請し、当局が仮承認したと報じられていた。 任天堂の古川俊太郎社長は「Tencentと共同でSwitchの発売に向けた準備に取り組んでいる。発売までにさまざまな認可を得る必要があるため、1つ1つのプロセスに沿って進めている状況だ」と説明した。 …
続きを読む

テンセント、12月4日に「スイッチ」の中国販売について新たな情報を発表予定!

任天堂と提携するテンセント・ホールディングスが4日、「スイッチ」の中国販売について新たな情報を発表する。アナリストらは「据え置き型であり携帯型でもある」という特長が、世界最大のゲーム市場に受け入れられる可能性に期待している。 テンセントは3日、ソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」の公式アカウントで、新情報を4日に公表すると説明。任天堂株は4万4390円と2018年5月31日以来、1年半ぶりの高値で取引を終了した。 オランダの調査会社ニューズーは、2019年の世界のゲーム市場は前年比7.2%増の1488億ドル(約16兆円)と予想する。中国市場はトップを維持する見通し。 任天堂は03年に中国語対応にした家庭用ゲーム機を販売し、05年にはDSも売り出したが、成功しなかった。 米国モーニングスターの伊藤和典アナリストは、今回は「ダウンサイドリスクは思いつかない」とした上で、「想定以上に売れるかもしれない」と述べた。 ただ、中国以外でテンセントの協力を必要としていない任天堂と、海外に足掛かりを得たいテンセントとの「思惑の違いが、任天堂にとっては長期的リスク」になる可能性はあるという。 …
続きを読む